パンフレットの製作について

わたしは企業の宣伝広報部門でかつ、企業ピーアールを行う施設に勤めています。

もちろん、国内外から非常に多くのお客さまがお見えになります。

それだけではなく国内からは週末やゴールデンウィーク、夏休みにはファミリー層も多くお見えになります。パンフレットも前述の事情から簡易なファミリー向けのパンフレットだけではなく、ビジネス向けのパンフレットが必要になります。


さらにビジネス向けに関しては英語をはじめとした言語対応も必要な状況です。



一時期はビジネス向けのパンフレットも英語だけではなく、韓国語、中国語も制作していましたが国際事情に応じて、来客者の属性にも応じて少しずつ変更をしています。実際に中国語、韓国語については制作しないこともあるほどです。



しかし、その人数の多い少ないは別にして必ずお見えになりますので最低限必要なものは必要です。



ですからパンフレットの言語対応についてはいつでも対応できるように翻訳だけしておいて、印刷がいつでもできるような体制を整えたうえで、時節に応じたたいおうができることが基本です。



これからも柔軟な対応をはかることでお客様の来訪にあわせた対応をしていきたいと私たちの施設の考えたかたをもっています。

確かにコスト面から考えると少数の印刷はコストパフォーマンスで課題も残りますがパンフレットの内容の変更なども考えると長期的にとらまえるとそれほどのコストロスにはなっていないと思います。